2009年11月29日日曜日

スイス生活

気づいたらまた更新しないまま数日経っていました。どうしたらいいのだろう。ブログのネタをコルクボードに書いて貼っている人がいたけど、ある程度定期的にまとまったことを書こうとするならそれ位するべきなのかも。

スイス生活で気づいたことをメモ的にとりあえず書いておこうと思います。

1. 肉が高い
ドイツと比べると高すぎる。日本よりもさらに高い。たとえば、ひき肉300gで500円くらい。COOPで売っている肉は基本BIOらしいので、そのために高いのかもしれない。ドイツでもBIOの肉は高いとの話だった(買おうとしたこともないので分からない)。ポストに入るチラシによれば、DennerやLIDLではドイツ並みに安く売っているようだ。
2. チラシが入る
毎日投げ込みのチラシが入る。スーパー、家具屋、大型電気店が主。
3. タイムテーブルが変わっている
日本よりもすべてが1~2時間ほど早めに動く。たとえば、会社の始業時間、スーパーの開店時刻は朝八時。夜も八時くらいになると街が閑散としている。
4. ドイツ嫌い
ドイツとの差別化を図っている。スイス人の愛国心はとても強いように思う。ドイツのような暗い過去の歴史がないためか、スイスの旗がいたるところに飾られている。国旗のついたシールをバイクなどに貼っている人もいる。

他にもいろいろとあります。スイスは不思議の国だと思います。
ちなみにBIOというのは、有機農法で育てられた野菜とか肉とかのカテゴリを指すものと解釈しています。BIOでない製品よりも数割増のお値段です。まったくの余談ですが、ドイツ人がBIO製品を買うのは、「味がいいから」ではなく、「体にいい」「環境にいい」という理由からであると授業で教わりました。「舌ではなく、頭で食べる傾向があるということを覚えておいてください」と先生が言っていました。

チューリッヒはたくさんの移民を抱える都市のはずなのにコスモポリタンな雰囲気はなく、むしろ良くも悪くも田舎っぽく閉鎖的であると思います。金融でここ百年くらいの間に突然大金持ちになった山間の国ならではの独自性があるのではないかという気がします。ドイツにいた間は申し訳ないくらいドイツに興味がなかったのに、スイスには興味津々です。

2 件のコメント:

mika io さんのコメント...

はじめまして!
スイス生活というタイトルに惹かれ、やってきました。

スイスに関するご意見で、2と4は全く同感です^^;
環境保護が叫ばれているなかで、ダイレクトメールの多さには「??」ですよね・・・。

あと、ドイツ嫌いというのも。
イメージからくるのでしょうかね。
たまに耳にする発言に、そこまで嫌わなくても・・・と思ってしまうことがあります^^;

C さんのコメント...

はじめまして。コメントありがとうございます!

投げ込みの多さにはびっくりですよね。数日留守にしていたのですが、その間にたっぷり届いていました。

ドイツ人が「私たちは嫌われている!」と嘆いていました。ドイツと違うことがむしろアイデンティティのような感じを受けます。このあいだNZZで「結婚相手としてドイツ人女性が人気」という記事があり、意外な気がして気になりました。まだ読んでいませんが…